抜け毛を意識し始めたのは、ふとしたキッカケから。

私が「抜け毛」を意識し始めて気になりだしたのは、ふとしたキッカケから。

毎日、風呂で髪を洗う(シャンプーする)ときには、
100円ショップで買った、「剣山のようなブラシ」でゴシゴシ洗ってます。

あるとき、ふと、「剣山のようなブラシ」に残っている抜けた髪の毛に気づいたんです。

「なんかイッパイ抜けてねえか?」

7~8本の抜け毛が、ブラシに残ってました。

それでも

「まあいっか」と放っておきました。

しばらくして、子供たちや妻から言われました。
(うちは、私と妻と娘2人の4人家族)

「パパ、頭の皮膚が透けて見える」

これには大ショック!

すぐに洗面所の鏡で頭の前の方を見たんですが、
やっぱり少し肌が透けてるような感じが・・・

決定的だったのは、十数年来世話になっている、
散髪屋(理髪店)の奥さんからの強烈な一言。

「髪、薄くなってきたね」

「歳とると仕方ないよね」

これは決定打・・・

「ガ~ン!」

それから、私の抜け毛対策は始まりました。

「抜け毛からの脱出、剥げるなら剃る!」

このブログのタイトルですが、
私は今後、中途半端にハゲるなら、全部剃るつもりです。

果たして、昔のようなフサフサヘアーに戻れるのか?

髪を剃らなくても大丈夫なのか?

このサイトでは、そんな私自身の体験を記録します。